未曾有の人材不足時代が到来。対策はお済みですか?

右表は、現在(2020年)と10年後の労働人口(20歳〜65歳までの人口)の比較です。

東北地方はこの10年で15%〜20%の労働人口が減少することが分かります。

経営資源として重要な「ヒト、モノ、カネ」。

この中の「ヒト」が減少しますので、早急な対応が必要です。

人材不足への対応には、デジタルの活用が効果的です!

「ヒト・モノ・カネ」のバランスを取るには、何らかの方法で不足人材をカバーする必要があります。

  • 人は人でないとできない仕事に注力する
  • デジタルの特性を活かして、人の仕事効率を最大化する
  • 今、人が行っている仕事をデジタルに任せる

このように、「人」と「デジタル」をうまく組み合わせて活用するのが非常に効果的です。

中小企業のためのデジタル活用コンサルティングメニュー

営業力の強化

営業、マネージャーへの気づきの提供で商談勝率の向上、商談スパンを短縮化、新たな商談獲得のための時間を創出を実現します。

さらに、データ(=事実)を元にした営業戦略立案が可能です。

バックオフィスの効率化

銀行、クレジットカードとの連携、勤務、年末調整のデジタル化により業務効率を向上します。

RPA、AI-OCR、Web APIなどの活用でバックオフィス全体の業務効率を向上します。

意思決定力の強化

会社の経営に重要なデータを集約し、重要な指標(KGI/KPI)を可視化します。

さらに経営者の仮説の検証をデータで支援することで、意思決定のスピードと質を向上します。

組織・人の活性化

組織内の情報共有とコミュニケーション手法の改善により、組織と人を活性化します。

社員がモチベーション高く、自由闊達なアイデア創出により会社をよりよい方向へ導きます。