中小企業のためのクラウドサービスをプロが厳選。業務と運用がセットだからすぐに始められます。

今や、数多くのソフトウェアがクラウドサービスとして提供されています。

自社に合ったクラウドサービスをどのように選びますか?選んでいますか?

クラウドサービスを提供しているサイトでサービス内容を確認する、比較サイトを確認する、営業の方から話を聞いてみる、実際に使っている知人に聞いてみる・・・

このような方法で、情報を集めて選択することになるかと思います。

クラウドサービスを提供しているサイト、比較サイト、営業の方からの話・・・当たり前ですが、いい情報しか集まりません。

さらに、クラウドサービスを選択するためには、機能以外に考慮に入れておくべきポイントがあります。

  • サポートは親切丁寧か?
  • 運用、メンテナンスの手間はどうか?

この2つについては、本格的にクラウドサービスを活用し始めて分かることが多く、事前に情報を集めるのはかなり難しいと言えます。

果たして、自社に合ったクラウドサービスにたどり着くことができるしょうか?

プロが厳選したクラウドサービス

プロの目線でいろいろなクラウドサービスを比べ、実際に活用し、試行錯誤した上で、中小企業に必要なクラウドサービスを厳選しました。

「営業」「バックオフィス(会計、給与)」「情報共有」「コミュニケーション」「可視化」と、会社の経営になくてはならないものをカバーしています。

スムーズな導入のためのコンサルティングサービス

クラウドサービスを利用することは手段に過ぎません。

クラウドサービスをうまく活用して、売上アップ、コストダウンを実現して、会社の利益をアップすることが目的です。

さらには、労働人口が減少していく中でもこれまでと同じ利益を出し続けられる仕組みに変えて行くことが目的です。

導入コンサルティングでは、クラウドサービスを以下のようなアプローチで利用し、売上アップ、コストダウンを実現していきます。

  • 業務を自動化することにより大幅な時間の削減とミスを抑制する
  • 生み出されるデータを可視化し、必要なアクションに繋げる、意思決定力を向上する
  • 必要な情報を瞬時に必要な人に伝え、社内のコミュニケーションを向上する

営業力の向上

セールスフォース・ドットコムのSales cloudを使い、営業力の向上を目指します。

具体的には以下のことを管理し、可視化によって状況を見つつ、必要なアクションを効率よく行って行きます。

リード

マーケティングによって獲得したリードを以下のようにマネジメントできる仕組みを作ります。

  • リードに対してどのようなアクションを取ったのか?
  • マーケティング施策で獲得したリードの数と質はどうか?
  • 売上を達成するためのリードは獲得できているか?

商談

営業活動で獲得した以下ようにマネジメントできる仕組みを作ります。

  • 営業活動、マーケティング活動で獲得した商談に対しどのようなアクションを取ったのか?
  • リードの数と質はバランスが取れているか?
  • 商談のステージごとの進捗はどうか?
  • 売上を達成するためにステージごとの商談は十分あるか?
  • 売れている営業と売れていない営業の差は何か?
  • 営業上のボトルネックは何か?それに対する施策は?

契約

継続的な契約をマネジメントできる仕組みを作ります。

  • 必要な契約は締結できているか?
  • 契約は継続できているか?

ケース

お客様からのお問い合わせ(=ケース)をマネジメントできる仕組みを作ります。

  • お客様からの問い合わせへの対応状況はどうか?
  • どのような問い合わせが多いのか?
  • お問い合わせの状況から何をすべきか?

バックオフィスの効率化

freeeの会計freee、給与freeeを使って、会計と給与に関する業務を効率化します。

会計業務の効率化

銀行、カード会社のオンラインサービス、カードのサービスを使って会計業務を効率化します。

  • 銀行、カード会社のオンラインサービスと繋ぎます。取得したデータから伝票を自動作成します。
  • コーポレートカードを配布し、社員とのお金のやり取りを減らします。
  • 社員が立て替えたお金はサービス上で精算します。
  • 給与との自動連動で仕訳登録の手間を削減します

給与業務の効率化

簡単な方法で打刻し、勤務の状況をデータ化し給与業務を効率化します。

さらには年末調整をサービス上で行い、業務を効率化します。

  • パソコン、スマホで出勤時刻、退勤時刻を打刻し、月末の勤務表の提出を無くします。
  • 給与計算のタイミングで締め、自動的に給与を計算します。
  • 税金の納付はCSVファイルを使って行います。
  • 社員からサービスを使って年末調整を行います。再入力の手間がなくなります。

組織・人の活性化

組織、人が、常に活性化しアクティブに活動できるようにすると、会社のパフォーマンスは向上します。

以下のサービスを使って、情報共有とコミュニケーションを改善します。

  • チャットで人と人、人とグループのコミュニケーションの手間を減らします。
  • ワークフローで紙の回覧の手間を無くします。さらに組織の意思決定を迅速にします。
  • 掲示板とファイル共有で社内、社外の情報を共有します。

意思決定力の強化

必要な人に必要な情報を理解しやすく提供し、データ(=事実)を元にした意思決定を行えるようにします。

また、立てた仮説をデータ(=事実)を使って検証することで、仮説の実行を支援します。

意思決定力の強化には、ウイングアーク1stのMotionBoardを使います。

  • 重要なデータを簡単に集計・分析できるようにクレンジングして集約します。
  • 重要な指標(KGI/KPI)を決め、階層別に可視化します。

ご利用料金

導入コンサルティングサービスのご利用料金は以下の通りです。

初期費用

クラウドサービスサービスの初期費用

月額費用

クラウドサービスの月額料金
導入コンサルティング料金(10万円/月〜)

詳しくはこちらからお問い合わせください。