Salesforceでの開発環境について

SalesforceでLightning Web Componentなどを開発する環境についてご紹介します。

まず、開発PC側についてです。

Salesforceには開発者コンソールというブラウザで開発ができるものが付いています。ほんの少し前までこれが主流でした。

今は、以下の環境を準備する方が便利です。

  • VisualStudio Code
  • Salesforce Extension Pack(VisualStudio Codeの拡張機能)
  • Salesforce CLI(sfdx)

次に、Salesforce側の環境についてです。Salesforceでは以下の環境が準備されています。

  • 本番組織・・・実際に運用する環境
  • Sandbox組織・・・開発及びテストを実施する環境
  • DevHub・・・開発及びテストを実施する環境(担当者ごとのイメージ)

開発をすることを考えると、Sandbox組織、DevHub組織のいずれかになります。

理想的には開発環境は以下のようにするのがいいです。

DevHubDevHub上に担当者ごとのScratch組織を作成して機能の開発を行う。
開発、単体テストが完了したら、Sandbox組織にリリースする。
Sandbox組織結合テスト、システムテスト、お客様による受け入れテストとして利用する。
テストが全て完了したら、本番環境にリリースする。

これを実現するためには、いくつかの条件があります。

  • 機能間の関係が整理されていて分離可能であること
  • AppExchangeからインストールしたものを参照していないこと

いずれも、開発を始める前にしっかり設計して置くことが大切です。

これらの条件が揃わない場合は、Sandbox組織を開発、テスト用として利用する事になります。