Lightning Web Componentsでサンプルデータを扱う方法

SalesforceのLightningでオリジナルのコンポーネントを作る時に、まず、画面部分だけをプロトタイプして、お客様のOKをいただいてデータ連携部分を作り込むようにすると無駄がありません。

プロトタイプの時に、データはどうするのか。

データだけのLightning Web Componentsを作ります。

例えば、以下のようにJSONでデータを定義します。ファイル名は、data.jsとしておきます。

export const orderList = [
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/01/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/02/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/03/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/04/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/05/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/06/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/07/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: true
    },
    {
        Id: 'aaaa',
        Name: '2019/08/11 12:11',
        Amount__c: '1000000',
        isClosing__c: false
    }
];

プロトタイプ側のLightning Web Componentsで、以下のようにインポートします。

import { orderList } from 'c/data';

「c/」と付けるところがポイントです。