新型コロナ対策で、リモートワークを検討しているあなたを、ぴたデジは応援します

新型コロナ対策で緊急事態宣言が全国に出されました。

「最低でも7割、できれば8割」の人の接触を減らすことが求められています。

こちらの記事では、筑波大学教授の中村潤児先生が削減の度合いによってどのようになるかを計算した結果が示されています。

新型コロナを早期に終息させるためには、8割を目指す必要がありそうです。

どうしても、出勤しなければならない職種の方も多くいますので、多くの企業でリモートワークができるようにならないと、この8割は難しいように思います。

リモートワークを実施するためのハードルは高い

急にリモートワークを求められても、実際のところはかなりのハードルがあり、難しいのも事実です。

これまでリモートワークを行ったことがない企業がリモートワークを行う場合、以下の準備が必要です。

  • 自宅などで仕事するために使うノートパソコンの購入
  • インターネット回線の準備(自宅のインターネット回線、モバイルWiFiルーター)
  • ノートパソコンとインターネット回線で利用できるクラウドシステムの利用

どれも高いハードルなのですが、中でも「ノートパソコンとインターネット回線で利用できるクラウドサービスの利用」は、コスト面だけでなくITスキルが求められるので、特にハードルが高いのではないでしょうか?

ぴたデジはリモートワークを実現しようとしているあなたを応援します!

ぴたデジでは、リモートワークを実現するために、ノートパソコンとインターネット回線の目処はあるが、ITシステム、クラウドサービスをどうしたらいいかお悩みの方を応援することにしました。

  • リモートワークを実現するために、必要なITシステム、クラウドサービスは何がいいの?
  • ITに詳しい人がいなくて、いきなり新しいITシステム、クラウドサービスを使えって言われても難しいんだけど・・・。

このような方に向け、以下のようなサービスをご提供します。

必要なクラウドサービスのご提案

お話をお伺いした上で、必要なクラウドサービスをご提案します。

ご提案するクラウドサービスは、ぴたデジで取り扱っているクラウドサービスのみとなります。

営業支援
サポート
取引先に関する情報(取引先、商談、契約、問い合わせなど)の管理、共有 Sales Cloud
Service Cloud
Community Cloud
会計
給与
売上、入金、請求、支払など
勤怠、給与、年末調整など
クラウド会計ソフト freee
人事労務ソフト freee
各種情報管理 会社の様々な業務や情報の管理、共有 Lightning Platform
情報共有
コミュニケーション
ドキュメントの共有 Fleekdrive
社員同士のコミュニケーション(チャット) Slack
取引先、社員同士のコミュニケーション(オンライン会議) Zoom
会社の様々な情報の可視化 MotionBoard Cloud

クラウドサービスのレクチャ(2時間)

クラウドサービスを導入後、すぐに使い始められるように、使い方などの必要なことをレクチャします。

少しでも多くの企業にサービスするために、時間は2時間を目安とします。

レクチャは、オンラインミーティングツールのZoomを使って実際に画面を見ながら行います。

料金

クラウドサービスの料金

クラウドサービスは、クラウドサービスを提供しているメーカーとの契約になります。

料金についてもメーカーが提示しているものになります。

クラウドサービスのご提案とレクチャの料金

クラウドサービスのご提案と2時間のレクチャについては、無償でご提供します。

2時間の全力で必要なことをレクチャしますが、それ以降も継続した支援が必要な場合は、有償で対応いたします。

進め方

このサービスの進め方は以下のようになります。

  1. ステップ1のテキストが入ります。

  2. 下のフォームからお申し込みください

  3. ぴたデジから初回お打ち合わせ(Zoom)に関するご連絡をメールでお送りします

  4. リモートワークに必要なクラウドサービスをご提案します

  5. クラウドサービスのご契約をお願いします(契約に関するフォローはサポートします)

  6. 利用するクラウドサービスのレクチャを行います

  7. ご活用ください

お申し込みはこちらからお願いします