仕事のパフォーマンスの上げ方

業務生産性を上げるためにデジタルサービスの活用も重要ですが、やはり一番は一人一人の仕事の仕方を改善することが一番大切です。これができないとデジタルサービスを使ってもあまり効果を発揮しません。

仕事のパフォーマンスを上げる3つの方法についてご紹介します。

どれもすぐにできる事ですので、取り組んで見てください。

朝予定を立てて、夕方振り返る

朝、出社したら、「昨日やり残したこと」「今日、絶対にやること」をピックアップします。そして、それぞれの仕事に必要な時間を書いておきます。

定時になったら、朝立てた予定に対して、完了したのかどうか、予定の時間にできたのか、終わらなかった仕事は残業してやるのか、明日やるのかを振り返ります。

大切なのは、予定通りに終わらなかった仕事に対して、なぜ終わらなかったのかを押さえることです。

仕事のサイクルを整える

仕事のパフォーマンスを上げるには、如何に集中する時間を作り出すかです。

人はそんなに長い時間集中することはできません。

ですので、50分集中して仕事して、10分休憩すると言う風に自分なりの仕事のサイクルを作るのが有効です。

また、創造的な仕事は午前中にやると効果的です。10時から12時はそう言う仕事を割り当てると言うのも効果的です。

目標を持って取り組む

一つの仕事を始める前に、どのくらいの時間をかけてやるのかを心の中で誓います。

そしてやってみて、時間を確認します。

その差が大きい場合(少なくても、多くても)は、その要因を探ってみることを行ってください。

すぐに効果は出ませんが、3年もやり続けると、仕事のパフォーマンスが上がったことを実感できます。