ビジネスをデータで評価する #3

#3 情報を定量化するときのポイント

ビジネス上の情報を定量化するときに、最も大切なのは、「それを見てどういうアクションを起こすか?」と言うことです。

見てアクションが起きないのは、以下の2つだけです。

  • ビジネス上の問題が発生していない
  • 何が起きているか分からない

後者の場合は、以下のような問題が潜んでいます。

  • 見るべき情報が違う
  • 見える情報に対して、比較するものがない(例えば実績に対する予算)
  • アクションを起こすべき情報が強調されていない

ビジネスをデータで評価するときは、今がどういう状況なのか、どういうアクションを起こして欲しいのかと言う観点を入れると効果的です。