デジタルの活用にIT人材は必要?

まず、結論をお伝えします。

『デジタルの活用にIT人材は必要です』

メリットは以下の3点です。

  • 経営者の「夢」「想い」を早く叶えられます
  • 無駄がなく費用対効果が高まります
  • 継続的な取り組みにより、より高みを目指せます

経営者の「夢」「想い」を早く叶えられます。

「夢」「想い」を早く叶えるためには、必要なデジタルサービスを選択すること、業務にフィットするように設定、カスタマイズすることが必要です。

今のデジタルサービスは進化のスピードが速く、多種多様なサービスがあります。選択肢が広がった、活用の幅が広がったと言うメリットがある反面、利用者にも専門的なスキルが必要になります。

「夢」「想い」を叶えるデジタルサービスを選ぶためには、いろいろなデジタルサービスのことを知っておく必要があります。特徴、機能、効果的な使い方、価格などが必要ですが、これを知るだけでも片手間では難しいのが現状です。

無駄がなく費用対効果が高まります

限られたリソース(人・物・金・時間)で、「夢」「想い」を叶えるためには、無駄はできるだけなくしたいものです。

まず、以下のことを決める必要があります。

  • 標準のまま業務に当てはめて使う機能
  • 簡単な設定を行って業務に当てはめて使う機能
  • 標準にはないので、カスタマイズあるいは個別開発して使う機能
  • 機能は使わずに行う業務

これを決めるためには、使うデジタルサービスに精通している必要があります。精通していないとこんなことが起きます。

  • 業務にフィットせず、サービスを利用する際に時間的なロスが発生する
  • カスタマイズを行いすぎて、不要な費用が発生する
  • 決めるための時間に多くの時間がかかる

「夢」「想い」は、無駄なく一直線に叶えましょう。

継続的な取り組みにより、より高みを目指せます

「夢」「想い」をある程度叶えると、見える景色は変わります。見える景色が変わると、新しい「夢」「想い」が生まれます。

「夢」「想い」をブラッシュアップし続け、より高みを目指しましょう。

去年より今年、今年より来年と、成長し続けられると、会社やそこで働く人達が元気にハッピーになります。

そのためには、一緒に考え、悩みながら、取り組むITに精通したパートナーの存在が必要不可欠です。